阿智村の国道で交通指導所 死亡事故多発警報を発令受け

その他

[ 2015年 10月 17日 土曜日 13時28分 ]

 飯田下伊那地域(飯田警察署管内)で9月末に交通死亡事故が連続して発生し、ことしの死者数が5名となったことを受け、県交通安全運動推進下伊那地方部は15日、交通死亡事故多発警報を発令した。同日、阿智村で交通指導所を開設したのを皮切りに28日までの14日間、管内各所で死亡事故防止を呼び掛けていく。

 飯田署管内の交通死亡事故発生件数は一昨年3件、昨年3件だったもの、ことしはすでに5件。このうち3件は阿智村の国道153号で発生した。飯伊で交通死亡事故多発警報が発令されるのは今回が初めて。

 警報の発令に合わせて、日帰り入浴施設や大型店へ警報発令を知らせるポスターを掲示。通常の交通安全運動では個別店舗へ協力を求めるケースはなく、特別な措置だという。初日の15日には、死亡事故が多発した阿智村智里の国道153号カーブ近くで、交通指導所を開設して啓発活動を行った。

 村内の交通安全協会員や交通指導員ら10人ほどが通行するドライバーに安全運転を訴えるチラシやポケットティッシュ、クリアファイルなどの啓発資料を手渡し、交通事故が多発していることを知らせ安全運転を求めた。

 同下伊那地方部事務局の県下伊那地方事務所、地域政策課長は「飯田下伊那の道路は起伏が激しくカーブが多いのでスピードを抑えた運転を心がけてほしい。呼び掛けを通じて、これ以上交通死亡事故が起きないようにしていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞