渓流釣り解禁 天竜川水系に春の訪れ

その他

[ 2015年 2月 17日 火曜日 12時34分 ]

 下伊那漁業協同組合は16日、松川町から下流の天竜川水系で渓流釣りを解禁した。この日を待っていた太公望たちは、春まだ浅い天竜川や支流に早朝から繰り出し、アマゴやイワナ、ニジマスをねらって釣り糸を垂れた。

 飯田松川と天竜川の合流地点には、バス釣りから渓流釣りに転向したという飯田市山本の自営業男性(44)が午前9時前に到着。「まだ寒くて水温も低いので今日は厳しいと思うが、松川の上流に向かってポイントを変えながら楽しみたい」と話していた。

 下伊那漁協では7月下旬、飯田下伊那の天竜川支流にアマゴの稚魚28万尾、イワナの稚魚2万尾を放流している。

 下島保徳組合長は「昨年は大雪でほとんど川に入れなかったが、ことしはおかげで天気がよく、それなりに釣果が上がっている様子で、早春から渓流釣りを楽しんでもらえる」と話した。

 解禁は9月30日まで。

 1日券1000円、現場売り1500円、年間遊漁証1万円で、釣具店などで扱っている。問い合わせは同漁協(電話0265・23・0327)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞