特殊詐欺防止サロン開設 飯田署

その他

[ 2014年 10月 6日 月曜日 9時59分 ]

 お茶を飲みながらオレオレ詐欺、振り込め詐欺などの手口を知ってもらおうと、飯田署は3日、「特殊詐欺防止サロン」を飯田市小伝馬町の同署内に初めて開設した。

 生活安全課のベテラン相談員が、詐欺の手口を紹介するテーブル、県警が制作したDVDの視聴スペース、南信州ホワイトエンジェルスによる紙芝居などのスペースを設け、特殊詐欺についてさまざまな角度から説明した。

 相談員の中島長利さんは「言葉で分かっていても感覚で分かっていない人が多い。相談を受けていても、思わず引き込まれてしまうような高度な手口があるが、相談すれば8割は防げる」と話し、「ここで得た知識を地域の人たちにも伝えてほしい」と依頼した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)