猿庫の泉の遊歩道の復旧遅れる

その他

[ 2010年 8月 2日 月曜日 8時18分 ]

 7月14日の集中豪雨で山の土砂と水が林道に流出した飯田市羽場の名水「猿庫の泉」で、林道から泉に至る東側の遊歩道の復旧工事が遅れている。市観光課は単独事業で実施するため補正予算を要求しているが、復旧工事は9月か10月になる見通し。これに対し、猿庫の泉保存会(小林克郎会長、230人)は「8月は5月とならんで水を求めてくる人が最も多い。早急に実施してほしい」と要望している。事業費は100万円もかからないという。

 保存会は5月から10月まで毎週日曜日と祝日に野だてを行い、希望者にお茶を出している。期間中の利用者は800人、水を求めてくる人は1万人弱に上る。平日でも40~50人が水をくみにくる。その半分が県内、4割が中京圏、1割が関東・大阪という。

 今回の集中豪雨で林道が通行止めとなった7月18、19日の野だては中止を余儀なくされたが、25日から再開している。猿庫の泉に通じる道は本道と遊歩道があり、本道は被害を受けていないため、市観光課は「水くみには問題ない」とみている。しかし、集中豪雨のつめ跡が生々しく残る遊歩道は景観がよくないうえ、危険にもかかわらず通行止めの看板やロープもなく安全面で問題が指摘されている。

 猿庫の泉は、市内で貴重な地域資源の1つで、環境庁の名水百選にも指定されている観光名所。地元では「どうせやるなら早くやった方がいい」とスピーディーな対応を望む声が上がっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30