県南部震源とする地震で飯伊震度3

その他

[ 2017年 6月 26日 月曜日 16時09分 ]

 25日午前7時2分ごろ、県南部を震源とする地震があり、木曽郡の王滝村と木曽町で震度5強を観測した。気象庁によると震源の深さは約7キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・6と推定される。飯田下伊那地域でも震度3の揺れに見舞われたが、被害報告は寄せられていない。気象庁は今後1週間、同程度の地震が起きて土砂崩れなどが起きる恐れがあるとして注意を呼び掛けている。

 震度4は木曽郡上松町、大桑村、岐阜県中津川市、高山市、石川県輪島市で観測。飯伊は飯田市と高森町、阿智村、下條村、売木村、泰阜村で震度3を観測した。

 県内では同日から余震とみられる震度3~1の揺れが続き、午後3時17分には飯田市内で震度2を観測した。

 県などによると、王滝村の女性(83)と木曽町の女性(60)が軽傷を負い、両町村と上松町の20棟以上でガラスが割れるなどの被害が発生。ブロック塀なども倒れた。

 飯田市危機管理室は25日、今後も同程度の地震が起きる恐れがあるため、家庭内での安否確認の方法、自宅の外観や周辺の状況、家具の転倒防止策、備蓄品の確認、地盤の緩みによる予期しない被害への注意などをEメールやホームページで呼び掛けた。

 地震の影響でJR飯田線は、平岡駅―辰野間で上下計9本の運転を一時見合わせ、7分から12分の遅れが生じて約680人が影響を受けた。

 25日午前7時2分の震度は次の通り。

 震度3=飯田市高羽町、上郷黒田、大久保町、高森町下市田、阿智村駒場、同村清内路、下條村睦沢、売木村役場、泰阜村役場▽震度2=松川町元大島、阿南町東条、阿智村浪合、平谷村役場、根羽村役場、天龍村清水・平岡、泰阜村梨久保、喬木村役場、豊丘村神稲、大鹿村大河原▽震度1=飯田市上村

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号