県飯田建設事務所が土砂災害危険箇所点検

その他

[ 2012年 6月 22日 金曜日 15時43分 ]

 県飯田建設事務所は21日、土砂災害の危険がある飯田下伊那地域の急傾斜地など21カ所の点検パトロールを展開した。梅雨と相次ぐ台風を受け、関係者らは「危険箇所をしっかりと点検し、適切に被害の防止や軽減の対策を講じていく」としている。

 国の「土砂災害防止月間」に合わせて、県砂防ボランティア協会や各市町村の協力を受けて毎年行っている。

 ことしは飯田、阿南、天龍、泰阜、喬木、豊丘の6市町村を班別に巡回。急傾斜地13カ所のほか、各自治体から土石流や地滑りの危険性が指摘された箇所なども点検し、災害時の避難路の状況も把握した。

 このうち、飯田市千栄毛呂窪では、民家近くの急傾斜地崩壊危険区域を点検。竹を中心にした斜面の植生や起伏などを踏まえ、流水や地滑りの恐れなどにも思いを巡らせた。

 同所整備課の課長は「危険箇所や避難経路の状況を把握し、必要な対策を講じていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞