矢高調理場が「味噌漬ガール」使った給食提供

その他

[ 2016年 1月 21日 木曜日 13時05分 ]

 飯田市鼎名古熊の市学校給食矢高共同調理場は19日、下伊那農業高校アグリサービス科とマルマンが共同開発した調味みそ商品「味噌漬(みそづけ)ガール」を使った給食を、担当する市内の小中学校8校に提供した。地域食材や伝統的な行事食を味わう「食育の日」にあわせて実施した。

 味噌漬ガールは、マルマンがジビエ料理研究に取り組む同科に研究素材として「金山寺みそ」を提供したことがきっかけで誕生した商品。生徒が商品名とパッケージデザインを担当したほか、商品を使った家庭向けのレシピを考案している。

 同調理場の学校栄養職員の女性(40)が偶然商品を知り、給食の献立に取り入れることを提案。下農生が考案したみそ味のから揚げのレシピをもとに、商品を使って味付けした「みそづけガールのとりからあげ」を他の4品とともに給食として提供した。

 この日、学校栄養職員の女性がマルマンとアグリサービス科の取り組みや味噌漬ガールについて、市立鼎小学校の昼の放送で紹介。「お味はいかが」と問い掛けると、給食をほおばっていた子どもたちから「おいしい」「ご飯が進む」などと声が上がった。

 同校3年1組の男子児童の一人(8)は「味が濃い感じで、甘みもあっておいしい。また食べたい」と笑顔を浮かべた。

 学校栄養職員の女性は「みそ味のから揚げは珍しいので使ってみようと取り入れた。高校の生徒さんが地元企業と頑張って取り組んでいることを、子どもたちに知ってもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞