秋の交通安全運動で交通指導所設置

その他

[ 2010年 9月 25日 土曜日 8時39分 ]

 秋の全国交通安全運動期間中の22日、飯田下伊那各地で交通指導所が開設され、ドライバーらの安全運転意識の高揚が図られた。

 飯田インター出入り口では、主催の県交通安全運動推進地方部をはじめ、飯田署、県警高速隊、飯伊安協、県交通指導員、県自動車販売店協会飯田支部、中日本高速道路飯田保全サービスセンターなど、関係団体から約50人が参加。販売店協会と中日本高速道路が用意した啓発物品を配布し、ドライバーに安全運転を促した。参加者から「スピードの出し過ぎに注意を」と笑顔で声を掛けられたドライバーは「気をつけます。ありがとう」と応え、気を引き締め直していた。

 阿南交通安全協会が主催し、阿南町西條の国道151号線上に設けられた指導所は、同運動期間中の重点項目である「夕暮れ時と夜間の歩行中」を意識し、午後5時から開始。同協会をはじめ阿南署や同町職員など50人が参加し、チラシを配布しながら、早めのライト点灯などを呼び掛けた。

 同運動では「高齢者の交通事故防止」を最重点に推進するほか、全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶、生活道路における交通事故防止などを目指し、30日まで、さまざまな啓発活動が展開される。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞