秋の交通安全運動始まる

その他

[ 2014年 9月 24日 水曜日 9時06分 ]

 子どもと高齢者の交通事故防止を重点とする秋の全国交通安全運動が21日、全国一斉に始まった。22日早朝には飯田下伊那各地で人波作戦が展開され、出勤するドライバー、登校する児童生徒らに注意をうながした。

 飯田市松尾地区では、まちづくり委員会推進会議と同交通安全部の役員、市交通指導員、地域交通安全活動推進委員、市役所松尾会の会員約60人が、午前7時ごろから佐藤健副市長、福田喜美飯伊安協副会長らとともに八十二銀行八幡支店前の国道151号沿いに立ち、のぼり旗を手に安全運転を呼び掛けた。

 運動初日の21日には、日が沈んだ北方の国道153号バイパス(通称アップルロード)で重傷交通事故があり、74歳の女性が腕や足、あばら骨を折った。

 佐藤副市長は「子どもや高齢者の事故を減らしたいという思いが車窓越しに伝わるよう、心を込めて取り組んで」と関係者を督励した。

 飯田署松尾駐在所員の一人は、9月に山本の国道沿いで起きた高齢者の死亡事故に触れ、「地区内ではこのところ重傷事故はないが、物損事故は1日平均1件のペースで起きている」と説明。「事故をゼロにすることで死亡者をなくせる。ぜひ協力を」と訴えた。

 期間中は交通指導所の設置、高齢者と女性を対象にした研修などがある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞