親子150人がアレチウリ駆除、作業のお礼に釣り体験

その他

[ 2016年 7月 6日 水曜日 13時54分 ]

漁協釣り大会 下伊那漁業協同組合など5団体でつくる「飯伊釣り文化を伝承する会」は3日、アレチウリ駆除とマス釣り体験会を飯田市内を流れる松川の新久米路橋(同市鼎上茶屋)周辺で開いた。親子ら約150人が参加。駆除作業後は同組合のスタッフの手ほどきで竿を振り、ニジマス釣りを楽しんだ。

 自然に親しみ、魚釣りの魅力や生態系の大切さなどを知ってもらおうと、同組合や天竜川総合学習館かわらんべなどでつくる同会がおととしから開いている。

 釣りに先立ち、一帯に繁茂する帰化植物のアレチウリ駆除作戦を展開。根こそぎ引き抜き、30分ほどでごみ収集車1台分を集めた。

 釣りは「作業のお礼」の位置付け。18―30センチのニジマス約700匹を放流した後、子どもたちが両岸の各ポイントに散らばって釣り糸を垂れた。

 下條村から家族3人で参加したという下條小学校6年生の男子児童(11)は「魚がかかると竿が重くなり、すごく楽しかった」と釣果を喜んだ。

 下伊那漁協の下島保徳組合長は「アレチウリの駆除は継続の成果が出始めている。親子で自然や釣りに触れてもらい、水辺の環境に親しんでもらえたら」と話していた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞