走って火災予防啓発

その他

[ 2021年 3月 1日 月曜日 15時58分 ]

 春の全国火災予防運動を前に、飯田広域消防本部は2月27日、「各署一斉防火啓発駅伝」をした。飯田、伊賀良、阿南、高森の4消防署の隊員6人が主要道路の歩道をのぼり旗を持って走り、ドライバーや歩行者に防火を啓発した。

 例年は大型店舗でチラシを配って注意喚起をしているが、人と接触するため、今年は新型コロナウイルス感染防止を考慮して中止に。代替の活動として実施した。

 4署はそれぞれ若手隊員6人のチームをつくり、各管内の主要幹線道路7~8キロを駅伝。飯田は同署~カワチ薬品飯田店(飯田市羽場町)、伊賀良はアップルロードのカインズ飯田店(同市上殿岡)~JAファームみなみちゃん(同市鼎東鼎)、阿南は国道151号のショッピングひさわ(下條村)~同署のコースを片道か往復で走った。

 このうち、飯田消防署は午前9時半ごろに3人が同署を出発。桜町や大門町を経て県道羽場大瀬木線を走り、カワチ薬品で他の3人に交代して同じコースを戻った。

 ランナーたちは列をつくり、のぼり旗を持って運動をPR。約1時間ほど走り火災予防を啓発した。「住宅用警報器をつけよう」と記したビブスも着て、警報器の設置も呼び掛けた。

 大藏豊消防次長兼飯田消防署長は「走る姿を見ることで、より多くの人に啓発ができれば」とし、「ちょっとした不注意が大きな火災になる。運動を機に火の取り扱いへの意識を高めて」と呼び掛けていた。

◎写真説明:のぼり旗を持ちながら走る飯田消防署の隊員(飯田市江戸浜町で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞