路線価 飯田バイパスが最高額~飯伊各地点で下落続く

その他

[ 2012年 7月 3日 火曜日 15時01分 ]

 国税庁は2日、2012年分の路線価(1月1日現在)を発表した。飯田税務署管内では一部で下げ止まりまたは下げ幅の緩和が見られるものの、依然として多くの路線が続落している。飯田下伊那地域の最高路線価は、08年に飯田市中央通り4丁目を抜いてトップとなった同市育良町3丁目の7万3000円だった。 路線価は、相続税や贈与税の算定基礎となる土地の価格。1平方メートル当たり)を基準に、税務署が発表している。

 飯田税務署管内の主要地点をみると、昨年に続いて飯田市松尾上溝など一部で下げ止まっているものの、アップルロード沿いや中心市街地などの各地点は軒並み下落した。下落幅は緩和している地点も見られる。

 飯田の最高路線価は、5年連続で育良町3丁目。前年比6・4%減の7万3000円で、かつてのトップ、中央通り4丁目の7万2000円を1000円上回ったが、昨年の2000円から差は縮小している。

 中央通りの地点は、1989(平成元)年に27万円、バブル期の92年に35万円となり、同額をピークに93年から続落。97年に30万円、01年に20万円、07年から10万円を割っている。

 飯伊の主要地点の下落幅は地点ごとに異なり、飯田市松尾代田は10・0%減の二桁下落となった。

 県内の約8400地点の平均路線価も16年連続で下落。平均増減率は3・6%減となった。

 県内の最高路線価は長野市駅前通りの32万円(5・9%減)。ほか、松本市深志が25万円(7・4%減)、軽井沢町・旧軽井沢銀座通りが23万5000円(同数)などだった。

 路線価は、国税庁のホームページで紹介されている。URLは(http:www.rosenka.nta.go.jp)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞