遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

その他

[ 2018年 10月 19日 金曜日 15時52分 ]

 飯田署は18日、大鹿村大河原の大萱(おおがや)山の山中で、同山に入山後、行方不明になっていた高森町山吹の農業、竹中信之さん(75)の遺体を発見したと発表した。

 同署によると、捜索のため山に入っていた友人らが、崖下の岩場で倒れている竹中さんを発見。110番通報した。

 竹中さんの持っていたリュックにはキノコが入っており、キノコ採りをしていた際に滑落したものとみて死因を調べている。

 管内でのキノコ採り中の遭難死亡事故は8月以降3件目。相次ぐ遭難を防ごうと同署は20日朝、大鹿村役場付近の県道松川大鹿線で街頭啓発を行う。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)