長野気象台が自治体と意見交換 防災面の連携強化へ

その他

[ 2015年 9月 16日 水曜日 16時28分 ]

 長野地方気象台が防災気象情報の提供や災害対策での連携を高めるための自治体との懇談で、同気象台の高橋清利台長は14日、松川町と下條村役場を訪れ、首長や職員らと意見を交わした。2006年以来2回目の下條村では伊藤喜平村長が応対し、高橋台長は大雨による土砂災害や火山防災、特別警報の説明を行いながら「日ごろから相互に情報交換し、さまざまな対応ができる基盤を作りたい」と協力要請した。

 県内77市町村の自治体を対象に行う防災説明会で、本年度は7月下旬から32自治体を順次回っている。

 高橋台長は、2000年の三宅島の噴火や11年の東日本大震災、台風12号被害などを受け13年8月30日から開始された「特別警報」について、「警報の発表基準をはるかに超える異常な現象が予想され、重大な災害が起こる恐れが著しく大きい場合に発表する」などと説明した。

 気象台は、防災計画の策定・改訂支援やハザードマップの判断、防災訓練への参加など平常時の支援に加え、異常気象時は気象台への照会・相談、自治体への情報提供、警戒呼び掛けを行うとし、市町村専用電話の設置などを通じて「市町村と国との直接的な情報交換が重要」と位置付けた。

 伊藤村長は「特別警報の意味をうまくPRしないと、発令が出てもピンとこない人もいる」と述べ、「警戒感が薄れると避難に結び付かない」と指摘。一方で「自分の命を自分で守るのは当たり前。住民の意識改革に注力したい。気象台も判断が難しい紙一重の場合であっても情報提供してもらいたい」と要望し、高橋台長は「周知する訓練を実施してもらい、必要があれば説明する機会を設けてもらえれば」と協力を惜しまない考えを示した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞