関東甲信地方が梅雨明け

その他

[ 2016年 7月 29日 金曜日 8時35分 ]

梅雨明け 気象庁は28日、長野県を含む関東甲信地方が「本日梅雨明けしたとみられる」と発表した。平年より7日、昨年より18日遅く、1951(昭和26)年の統計開始以来、8位タイの遅い梅雨明けとなった。

 

 梅雨明けが遅くなった要因について、気象庁は「7月下旬はオホーツク海高気圧からの湿った東風や気圧の谷の影響で、関東甲信は曇りや雨の日が多くなったため」と説明している。

 

 過去に最も遅かったのは、1982(昭和57)年の8月4日。1993年は梅雨明けが特定できなかった。

 

 ことしの梅雨前線は西日本で活発だったが東日本では弱く、降水量は一部を除いて平年を下回った。

 

 向こう1週間は上空の寒気の影響でにわか雨や雷雨となる所もあるものの、期間の前半を中心に高気圧に覆われ、晴れて気温の上がる日が多い見込み。

 

 28日午前の飯田市内は曇ったが、三日市場のアクアパークIIDAには夏休みを迎えた小中学生と保護者など84人が来場。流水プールで楽しそうに泳いでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号