阿智第3小児童が交通安全運動

その他

[ 2010年 10月 1日 金曜日 9時43分 ]

 阿智村智里の阿智第3小学校(坂巻敏夫校長)は30日、同校前の国道153号線で、全校児童55人が、交通安全を願うメッセージを書いた手紙をドライバーに渡す「レター作戦」を実施した。同村交通安全協会や飯田署などの協力のもと、児童らは「安全運転をお願いします」と大きな声でドライバーに声を掛け、手紙を手渡した。

 県下一斉で取り組む「交通事故死ゼロを目指す日」にあわせて行われる同作戦は、ことしで45回目を迎える。倉田員志同村交通安全協会長は「交通安全の啓発には地道な活動の継続が大切」と話し、「子どもたちが呼び掛けることで、ドライバーも素直な気持ちで受け止めてくれる」と、長年の活動に胸を張った。

 この日は、ドライバーへのメッセージとともに、自分たちも事故に遭わないよう誓いの言葉を記した手紙に加え、児童らが6月に種をまき、育ててきたケイトウの鉢植えもプレゼントした。ケイトウの花言葉は「警戒」だという。

 同校の大場菊枝教頭は、地域の協力に感謝するとともに「児童一人ひとりが心を込めて手紙を渡すことができた。自分たちも交通安全を誓う良い機会になった」と話していた。

 秋の全国交通安全運動期間中、飯田下伊那では、ドライバーの安全運転を促す啓発活動が各地で行われている。29日、飯田市川路の国道151号川路バイパス、川路駅前では、同市や飯田署、飯伊交通安全協会などによる交通指導所が設置された。南信州バイコロジー協会や民間企業なども協力。総勢54人が参加し、啓発物品を配布しながら安全運転を促した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞