阿智高校で落書きや窓ガラス割られる被害

その他

[ 2010年 3月 5日 金曜日 8時22分 ]

 3日夜から4日の朝までの間に、阿智村春日の阿智高校で、校舎の窓ガラスが割られ、落書きがされるなどの被害が発生した。

 被害状況は校舎、体育館、昇降口などの窓ガラス計30枚が割られ、校舎の壁やガラスにスプレーで落書きがされたもの。被害は敷地内の広範囲にわたり、窓ガラスは小さな穴があいた形の被害が多く、落書きは黒や青、ピンクなど複数のスプレーが使われている。飯田署では器物損壊事件として調べている。

 同校によると、3日午後11時40分ごろ最後の職員が帰宅。翌4日午前7時に出勤した職員が被害に気付き、同署へ通報した。被害を受け同校では、生徒の不安を和らげるため朝のホームルームで、慌てず落ち着いて普段通りの生活を送るよう指導したという。同校は「生徒に安心した生活を送らせたい学校としては悲しい事態。今後も生徒の安心安全を重視した学校づくりに励みたい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞