雪化粧した駒つなぎの桜 しっとりと冬の風情

その他

[ 2011年 12月 27日 火曜日 15時02分 ]

 25日朝、飯田下伊那地域は本格的な寒波の入り込みで山間部では数センチの積雪があり、阿智村園原の銘木「駒つなぎの桜」も雪化粧した。

 辺り一面の銀世界の中、大木の主幹、主枝や小さな枝先まで雪が付着し、春の華やかな花とは異なる冬の風情が漂っている。

 花見シーズンには連日各地から多くの見物客が来てごった返すが、今では訪れる人も無くひっそりと。それでも雪に覆われた姿は、存在感を見せ付けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞