飯下建設組合が木工教室 ものづくりへ興味醸成

その他

[ 2014年 9月 5日 金曜日 10時07分 ]

 飯下建設業人材育成支援センターによる中学校木工教室がこのほど、飯田東中学校で開かれた。

 飯下建設産業労働組合連合会に属する大工、家具職人ら9人が同校を訪れ、授業で木製ラックづくりに取り組む1年生3クラスそれぞれで、2時間ずつ指導協力。かんなやげんのうの使い方を実演を交え丁寧に教えながら、ラックの組立て作業に挑戦する生徒らを、たくみのわざで手助けした。

 同教室は10年以上続く恒例イベント。子どもたちに木工を楽しんでもらうことで、担い手不足が課題となっている建設業の人材育成、確保につなげる狙い。ことしはこれまでに、竜峡、竜東、飯田西、緑ケ丘、松川中学校で実施している。

 同連合会副会長で、この日指導にあたった植竹孝明さんは、「みんな一生懸命作業していてうれしく思う。ものづくりが好きな子どもは多いはずだが、機会がない。こうした活動を長く続けていくことで、大工や木工職人などに興味、関心を持つ子どもたちを増やしていけたら」と話していた。

 また、指導を受けた生徒(12)は「かんながけは初めての体験。難しかったけど楽しかった。職人の皆さんが分かりやすく丁寧に教えてくれて、きれいに本棚をつくることができた」と笑顔を見せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞