飯伊地域で初雪舞う

その他

[ 2011年 12月 10日 土曜日 9時19分 ]

 上空に強い寒気が入り込んだ9日、飯田下伊那地域でも初雪が舞った。長野地方気象台によると、今後1週間は降雪の可能性は低いという。

 飯田地域では午前7時4分にこの日最低の1・0度を、阿智村浪合は8時59分に氷点下2・0度を観測。冬の到来を印象付ける寒い1日となった。

 雪は朝早くから降り、市内でも伊賀良や上久堅などの山沿いで積雪を観測した。

 飯田の初雪の平年日は12月2日。初雪は昨年と同日で平年より7日遅く、初積雪は平年より9日早かった。

 高森町吉田で観測している南信州広域連合は同日午前に初雪、初積雪を観測したと発表。同地点の積雪量は2センチだった。

 飯田市のシンボルの風越山も平年より10日、昨年より5日遅く初冠雪した。

 長野地方気象台によると、南部ではこの先1週間にわたり、降雪がある可能性は低いという。

 飯田の観測所ではこの日、積雪は観測していない。

  

関連の注目記事

powered by weblio