飯伊警備防犯協が通学路パトロール プロの視点でチェック

その他

[ 2015年 7月 10日 金曜日 11時06分 ]

 飯田署管内の警備会社でつくる飯伊警備業防犯協力会(塩澤祥平会長、18社)は8日、飯田市の鼎小学校周辺で通学路の防犯パトロールを行った。下校する児童を見守りながら、プロの目で危険箇所を点検した。

 年間目標の一つに掲げる「弱者保護活動」の一環としてボランティアで行い、13社から20人の警備員が参加。少人数の班に分かれると、事前に割り出した通学路近くの危険場所に散り、気付いたことを報告書に書いた。

 小松正宏校長は校庭に集合した警備員に「通学路は道幅がとても狭く、すぐ近くを電車が通っている。プロの視点から児童に注意をお願いしたい」と話した。

 通学路防犯パトロールは4年目で、鼎小は伊賀良小、上郷小に続いて3校目。防犯協力会によると、鼎は不審者の出没も含めて飯田下伊那で2番目に危険箇所が多い地区だという。

 パトロールの結果、不審者は見当たらなかったが、各警備員からはさまざまな情報が集まった。

 塩澤会長(チューリップライフ警備事業部飯田営業所長)は「今年はもう1校はやりたい。全体的に危険が潜んでいる所が多く、徐々に改善できたら」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞