飯田国道事務所 地震被害想定し対応訓練

その他

[ 2015年 9月 4日 金曜日 13時25分 ]

 国土交通省飯田国道事務所(柴山智和所長)は3日、南海トラフ地震により同所管内で最大震度6強の地震が観測されたとの想定で、地震防災訓練を実施した。

 災害対策室の立ち上げなど初動体制の確認をはじめ、被害状況の情報収集・伝達、応急復旧措置の検討といった机上訓練に加え、飯田市へのリエゾン(災害対策現地情報連絡員)派遣、緊急災害対策派遣隊(TEC〓FORCE)など一部実働訓練も行い、災害発生時の迅速で適切な行動を確認した。

 職員の防災意識や対応能力の向上に加え、関係機関との連携強化を図る訓練。この日は、地震発生後直ちに災害対策室を立ち上げると、各職員が情報の収集・伝達にあたり、同所が管轄する国道19号、153号、474号の道路状況、被害状況を把握。被災箇所など必要な応急措置、復旧策を検討した。さらに、行政をはじめ関係機関との連携により、管内地域のその他の道路状況についても情報を共有した。

 飯田市南信濃で土砂崩落発生との一報を受けると、市へリエゾンを派遣。要請を受け緊急災害対策派遣隊を現地に送ったとの想定で、衛星小型電装装置(Ku―Sat)を使った通信訓練も行った。

 柴山所長は「災害はいつ、何が起こるか分からない。決まりきった行動をするだけではなく、臨機応変な対応ができる力を個々の職員が持てるよう、訓練を生かしたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30