飯田で初積雪「子どもはしゃぎ大人はため息」

その他

[ 2009年 12月 21日 月曜日 15時07分 ]

 しっかりした雪雲に覆われた18、19日、飯田下伊那地域でも断続的な降雪があり、飯田の市街地などでも2―3センチの積雪があった。

 飯田の市街地では、18日昼から降雪があり、同日夕方からうっすらと雪が積もりはじめた。夜遅くには2―3センチほどになり、19日の午前のうちに溶けた。同日正午現在は再び降雪がはじまり、中央自動車道では多治見―諏訪南間でチェーン規制が敷かれている。

 はじめての本格的な雪とあって、慎重に運転するドライバーが多く、幹線道では各地で小さな渋滞が発生。ガソリンスタンドにはタイヤ交換を求める人が殺到した。

 一方、子どもたちはおおはしゃぎ。待ってましたとばかり、雪だるまづくりや雪合戦を楽しむ姿が各所で見られた。

 同市大瀬木の丸本洋子さん(9)=伊賀良小学校3年=は、近所の友だちと4つの雪だるまをつくった。「すごい楽しい。いっぱい雪だるまをつくりたい」と笑顔で話した。

 長野地方気象台によると、飯田の観測点では積雪は観測されなかった。降雪は20日まで続くとみられ、山間地などの多いところでは最大3センチほどの積雪になるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内

NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内2











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞