飯田で子ヤギ市場を開催、口蹄疫の影響で1カ月遅く

その他

[ 2010年 7月 30日 金曜日 15時42分 ]

 JAみなみ信州と同畜産協議会、JA全農長野県本部は29日、飯田市大瀬木の三尋石集畜場で61回目の「下伊那子山羊(ヤギ)市場」を開き、共進会と競り市を行った。口蹄疫の影響で例年より1カ月遅らせ、防疫を徹底して開催。飯田下伊那地域の飼育農家が、ことしの春先に生まれた自慢の子ヤギ50頭を出品した。

 1949年に始まり、今回で61回目。愛知県や群馬県でも開かれているが、出場頭数が多いことから、毎年、県内外各地から多くの購買者が集まっている。

 午前中に審査会と表彰式、午後から競り市場を行った。

 共進会では、飯田家畜衛生所、下伊那地方事務所、農業改良普及センター、日本緬羊協会、全農長野の各代表者が審査員を務め、一列に並んだ子ヤギたちの体型や顔、蹄の形、毛並みなどを審査。雌雄2部門で特別優秀・優秀・優良の各賞を決めた。

 口蹄疫の発生を受け、会場の入り口では進入車両に対して消毒を実施。会場内も厩舎の両入り口に防疫用のシートを敷いた。宮崎県の関係者は参加しなかった。

 口蹄疫の広がりしだいで中止も検討していたというJAみなみ信州の久保田勝洋畜産課長は「宮崎県の非常事態宣言が解除され、良かった」と安堵の表情。時期を遅らせたため、子ヤギが例年より日齢を重ねて成長しているが、「大きな影響はないものと見ている」と話していた。

 飯田下伊那地域のヤギ飼育農家はここ10年間で半減し、現在は約50戸。純粋ザーネン種を飼育し、市場から高い評価を受けている。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞