飯田で子ヤギ市場を開催、口蹄疫の影響で1カ月遅く

その他

[ 2010年 7月 30日 金曜日 15時42分 ]

 JAみなみ信州と同畜産協議会、JA全農長野県本部は29日、飯田市大瀬木の三尋石集畜場で61回目の「下伊那子山羊(ヤギ)市場」を開き、共進会と競り市を行った。口蹄疫の影響で例年より1カ月遅らせ、防疫を徹底して開催。飯田下伊那地域の飼育農家が、ことしの春先に生まれた自慢の子ヤギ50頭を出品した。

 1949年に始まり、今回で61回目。愛知県や群馬県でも開かれているが、出場頭数が多いことから、毎年、県内外各地から多くの購買者が集まっている。

 午前中に審査会と表彰式、午後から競り市場を行った。

 共進会では、飯田家畜衛生所、下伊那地方事務所、農業改良普及センター、日本緬羊協会、全農長野の各代表者が審査員を務め、一列に並んだ子ヤギたちの体型や顔、蹄の形、毛並みなどを審査。雌雄2部門で特別優秀・優秀・優良の各賞を決めた。

 口蹄疫の発生を受け、会場の入り口では進入車両に対して消毒を実施。会場内も厩舎の両入り口に防疫用のシートを敷いた。宮崎県の関係者は参加しなかった。

 口蹄疫の広がりしだいで中止も検討していたというJAみなみ信州の久保田勝洋畜産課長は「宮崎県の非常事態宣言が解除され、良かった」と安堵の表情。時期を遅らせたため、子ヤギが例年より日齢を重ねて成長しているが、「大きな影響はないものと見ている」と話していた。

 飯田下伊那地域のヤギ飼育農家はここ10年間で半減し、現在は約50戸。純粋ザーネン種を飼育し、市場から高い評価を受けている。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19