飯田で生活と健康まつり 体と心も元気に豊かに

その他

[ 2015年 10月 26日 月曜日 13時13分 ]

 飯田下伊那地域の将来(あす)の生活と健康を考えるイベント「生活と健康まつり2015」(実行委員会主催)が24日、飯田市鼎公民館で開かれた。食や運動、健康などにちなんだ企画や体験コーナーを設け、訪れた郡市民が生活改善への意識を新たにした。

 住民や事業者、行政が環境にやさしく健康に生活するための知恵や技術を共有し、実践の輪を広げようと開催。事務局の市保健課によると、飯伊の各種業界や市民団体、行政など計25団体が参画した。

 体験コーナーのうち「食育推進大会」では、県栄養士会飯下支部がバランスのとれた食事メニューを学べるコーナーを開設。参加者たちはさまざまな料理サンプルの中から1食分の献立を選び、年齢や身体活動に適したエネルギー量や栄養バランスかどうか確認した。

 県食生活改善推進協議会飯伊支部は「減らそう塩分、増やそう野菜」を中心に呼び掛けた。野菜20グラムに酢とオリーブオイルによるドレッシング3グラムをかけたサラダを試食してもらい、適量とする塩0・18グラムの味覚を意識させた。

 しこりの感触を体験できる模型を使った乳がん自己触診の指導や血管年齢の測定、1日に10分多く体を動かす「プラステン」の啓発のほか、公立保育園の給食メニューの紹介、オリジナルどら焼き作り、バザー、昔の遊び体験など多彩な企画でにぎわった。

 駐車場では、飲食物の販売や飯田広域シルバー人材センターによる刃物研ぎを実施。午後からは飯田下伊那歯科医師会による「歯と口の健康を守る郡市民大会」も併催された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞