飯田で白梅が開花 暖冬で平年より1カ月早く

その他

[ 2016年 2月 1日 月曜日 13時47分 ]

 南信州広域連合は29日、飯田市で白梅の開花が観測されたと発表した。平年より31日、昨年より39日早い。エルニーニョ現象による暖冬で、例年よりかなり早い開花となった。

 観測木は飯田市高羽町の高羽合同庁舎敷地内にある旧飯田測候所が指定していた旧標準木。2006年の測候所無人化以降は、広域連合の気象アドバイザーが観測を続けている。

 29日に同アドバイザーが5輪の花が開いていることを確認し、開花を発表した。

 12月の気温が平年を2・0度上回るなど記録的な高温となり、1月に入っても中旬まで高温状態が続いていたため、例年より早くほころび始めていたが、このところの気温低下により、開花は足踏みしていたという。

 28日の高温で開花が進み、29日に開花の目安となる「5~6輪咲いた」状態となった。

 旧測候所が観測していた時代も含め、1953年以降で白梅の開花が最も早かったのは64(昭和39)年の1月15日。最も遅かったのは84年の4月6日だった。

 暖冬の影響で、飯伊ではすでに各地で梅の開花が進んでいる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞