飯田で白梅が開花 暖冬で平年より1カ月早く

その他

[ 2016年 2月 1日 月曜日 13時47分 ]

 南信州広域連合は29日、飯田市で白梅の開花が観測されたと発表した。平年より31日、昨年より39日早い。エルニーニョ現象による暖冬で、例年よりかなり早い開花となった。

 観測木は飯田市高羽町の高羽合同庁舎敷地内にある旧飯田測候所が指定していた旧標準木。2006年の測候所無人化以降は、広域連合の気象アドバイザーが観測を続けている。

 29日に同アドバイザーが5輪の花が開いていることを確認し、開花を発表した。

 12月の気温が平年を2・0度上回るなど記録的な高温となり、1月に入っても中旬まで高温状態が続いていたため、例年より早くほころび始めていたが、このところの気温低下により、開花は足踏みしていたという。

 28日の高温で開花が進み、29日に開花の目安となる「5~6輪咲いた」状態となった。

 旧測候所が観測していた時代も含め、1953年以降で白梅の開花が最も早かったのは64(昭和39)年の1月15日。最も遅かったのは84年の4月6日だった。

 暖冬の影響で、飯伊ではすでに各地で梅の開花が進んでいる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞