飯田エフエムが工作教室 手作りラジオで生放送も

その他

[ 2016年 6月 23日 木曜日 15時44分 ]

 飯田エフエム放送は18日、小学生の親子を対象とした「iステーションFMラジオ工作教室」を飯田市常盤町の飯田商工会館で開いた。総務省通信月間の電波推進事業の一環で、ラジオというメディアを身近に感じてもらおう―と昨年に続き2回目。41組90人が参加し、ものづくりを楽しみながら地域メディアの仕事に触れた。南信州新聞社など後援。

 午前中の「かんたんコース」では、基盤に小さな部品を差し込んだり、紙製のラジオケースに思い思いの絵を描いたりした。親子らは説明書と部品をじっくり見比べながら順番に組み立てていき、音声が聞こえた瞬間に「おー」「やったー」と歓声を挙げていた。

 ラジオが出来上がるとスタジオ前に持って行き、目の前でやっている生放送を聞いたり、社員の引率でスタジオを見学したり。母親と参加した丸山小学校2年の男子児童(7)は「ラジオはヘッドフォンを着けてよく聞いている。夢中でやったら、思ったより簡単だった」とにっこり。浜井場小学校3年の女子児童(8)は「いろいろな部品があって難しかったけど、音が聞こえてすごいなと思った」と満足げ表情だった。

 参加者には、子ども向けに解説した冊子なども配られ、社員がiステーションの放送エリアや、災害時の放送について説明も。編成制作局の男性社員(42)は「子どもたちに地域メディアの役割を知ってもらうことで、次世代のリスナーも増やしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞