飯田エフエムが工作教室 手作りラジオで生放送も

その他

[ 2016年 6月 23日 木曜日 15時44分 ]

 飯田エフエム放送は18日、小学生の親子を対象とした「iステーションFMラジオ工作教室」を飯田市常盤町の飯田商工会館で開いた。総務省通信月間の電波推進事業の一環で、ラジオというメディアを身近に感じてもらおう―と昨年に続き2回目。41組90人が参加し、ものづくりを楽しみながら地域メディアの仕事に触れた。南信州新聞社など後援。

 午前中の「かんたんコース」では、基盤に小さな部品を差し込んだり、紙製のラジオケースに思い思いの絵を描いたりした。親子らは説明書と部品をじっくり見比べながら順番に組み立てていき、音声が聞こえた瞬間に「おー」「やったー」と歓声を挙げていた。

 ラジオが出来上がるとスタジオ前に持って行き、目の前でやっている生放送を聞いたり、社員の引率でスタジオを見学したり。母親と参加した丸山小学校2年の男子児童(7)は「ラジオはヘッドフォンを着けてよく聞いている。夢中でやったら、思ったより簡単だった」とにっこり。浜井場小学校3年の女子児童(8)は「いろいろな部品があって難しかったけど、音が聞こえてすごいなと思った」と満足げ表情だった。

 参加者には、子ども向けに解説した冊子なども配られ、社員がiステーションの放送エリアや、災害時の放送について説明も。編成制作局の男性社員(42)は「子どもたちに地域メディアの役割を知ってもらうことで、次世代のリスナーも増やしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02