飯田下伊那地域で初雪を観測

その他

[ 2009年 12月 18日 金曜日 8時55分 ]

治部坂の雪 上空に寒気が入り込んだ17日、飯田下伊那地域でも初雪が舞った。長野地方気象台によると、18日はしっかりした雪雲に覆われるため、午後からは積雪の可能性もあるという。

 

 飯田地方のこの日の最低気温は、明け方に観測した0・7度。この時期では平年より2・6度高いものの、12月に入って気温が温暖に推移していたため、肌寒さが際立った。

 

 飯田の初雪の平年日は11月30日。ことしは平年に比べて17日、昨年に比べて28日遅かった。

 

 阿智村浪合の治部坂高原では、同日正午までに約10センチ、平谷村の平谷高原では同現在までに5センチの積雪を観測している。

 

 翌日にオープンを控えたスキー場関係者は「前日に天然の雪に恵まれ、良いコンディションで当日を迎えられる」と安どの表情。問い合わせも増えているといい、スタッフの一人は「この調子が続いてくれたら」と期待を寄せた。

 

 同気象台によると、18日は県南部もしっかりした雪雲に覆われるため、午後には積雪する可能性もあるという。

 

 寒気の入り込みは19日までで、日曜日の20日には再び晴れ間が広がるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号