飯田国道が災害対策機器の操作訓練

その他

[ 2013年 6月 20日 木曜日 16時19分 ]

 国土交通省飯田国道事務所は18日、飯田市東栄町の同事務所で、災害対策機械などの操作訓練を実施した。合わせて照明車や待機支援車などの災害対策車両を飯田ルーテル幼稚園の園児や地域住民らに公開。各車両の機能や災害発生時に果たす役割などを説明した。

 同訓練は、大雨による災害の発生が危惧される台風シーズンに先駆け、毎年開催している。ことしは約40人の職員が参加し、災害発生時の初動対応訓練に始まり、災害現場の映像を送信する衛星小型画像伝送装置Ku―SAT(ケイユーサット)の設置・操作訓練、災害対策車両の操作訓練を実施。災害発生時の情報連絡体制をはじめ、機器が正常に作動するか、正確な操作ができるかなどを確認し、災害に対する心構えを新たにした。

 また、今回初めて地域住民らに災害対策車両の見学の場を提供。同事務所の唐澤良治副所長は、「災害発生時の対応方法を知ってもらうことで、地域の皆さんの安心につながれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞