飯田国道事務所が台風被害を被った熊野市に派遣隊送る

その他

[ 2011年 9月 10日 土曜日 9時10分 ]

 国土交通省飯田国道事務所(杉井淳一所長)は8日、台風12号によって被害を被った三重県熊野市に緊急災害対策派遣隊TEC―FORCE(テックフォース)を派遣した。

 洪水氾濫や土砂崩れなどで、これまでに50人余の死者を出すなど甚大な被害をもたらした台風12号。公共土木施設にも大きな被害が発生していることから、同事務所からも道路の被災現地調査を目的に3人を派遣した。

 テックフォースは、大規模災害の発生、または発生する恐れがある場合に地方公共団体などが行う被災状況の迅速な把握や早期復旧に関する技術的支援を行う。

 今回の派遣隊は熊野庁舎を拠点にして、熊野市内の道路陥没箇所や崩落場所などの現地状況を把握する調査を行い、復旧方法の検討に役立てる。同事務所によると「派遣期間は通常ならば1週間ぐらいとみているが、めどがたつまではっきりとは分からない」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞