飯田地域ではことし1番の冷え込み

その他

[ 2011年 2月 1日 火曜日 9時37分 ]

 強い冬型の気圧配置が続いている影響で、飯田地域では31日、朝の最低気温が氷点下9・7度まで下がり、ことし1番の冷え込みとなった。

 長野地方気象台によると、朝午前7時4分に観測したこの日の最低気温は、8日に観測した氷点下8・3度を1・4度下回り、今冬最低となった。

 1月では局地的な低さではないものの、1年でもっとも寒いこの時期の記録の中でもかなり低いという。

 日中は午後1時までに最高気温が1度を上回り、真冬日にはならなかった。

 市内各地では朝の通勤時間に路面が結氷し、各地で小さな渋滞が発生。昼頃までには幹線道などで融解が進み、安定を取り戻している。

 一方、まとまった降雪もあったことから、子どもたちはおおはしゃぎだった。

 気象台によると、1日も朝の気温が低くなる見通しだが、日中は4度ぐらいまで上昇するという。また、その後1週間は気温が平年並か高めに推移すると予想している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)