飯田地域1年の天候まとめを発表

その他

[ 2010年 12月 24日 金曜日 10時10分 ]

 飯田地域は22日、晴れたり、雨が降ったりの天気となり、飯田市の中心地では巨大な虹ができて市民の視線を集めた。長野地方気象台は、ことし1年の天候まとめ(暫定版)を発表した。飯田の平均気温は13・9度で、平年に比べて1・5度高く、降水量は平年より621・8ミリ多い2228・5ミリだった。気温は歴代1位、降水量は2位を更新する見込みとなっている。

 飯田のほか、長野、松本、諏訪、軽井沢の主要観測点5地点で、年平均気温が統計開始以降第1位となる見込みになった。

 冬に冬型の気圧配置が長続きしなかったことや、梅雨明け以降、太平洋高気圧に覆われ晴れて暑くなった日が多く、9―11月も高気圧に覆われた日が多かった。月間平均気温は4、5月をのぞいて例年を上回った。

 飯田では6―8月の間に真夏日が51日間あり、平年より5・8日多かった。猛暑日も8日あった。暫定値だが、飯田の平均気温は1897年の統計開始以降1位となっている。

 飯田の降水量も1897年の統計開始以降、2位の記録を更新している。日照時間は1910・5時間で平年並だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞