飯田城主・堀氏拝領の紅梅が開花

その他

[ 2015年 3月 14日 土曜日 8時04分 ]

 飯田城主堀氏から拝領されたとされる、飯田市仲ノ町の紅梅が咲き始め、地域住民らに春の訪れを感じさせている。先週末ごろから徐々につぼみが膨らみ始め、現在は5分咲きほどに。来週末には見ごろを迎えそうだ。

 紅梅は、同市江戸町の呉服店かのうや近くの加納邸蔵前にあり、同店の加納信雄さんが管理を続ける。推定樹齢は約400年といわれ、八重咲きの深紅の花が特徴。蔵の白壁の前に咲くかれんな花は、一層その色を鮮やかに映し、毎年多くの見物人やカメラマンが足を運ぶ。また、周囲に漂う甘い香りに誘われ訪れる人も。

 紅梅を見つめ加納さんは、「ことしも元気に咲いてくれた。いよいよ春がきた」と笑顔。「毎年多くの人が見に来てくれる。ことしも楽しんでいただけたら」と話していた。

 場所はかのうや北側の細道を入って15メートルほど。江戸町、仲ノ町両側から入ることができる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞