飯田市上郷の国道で衝突事故 原付の男子高校生が死亡

その他

[ 2018年 10月 2日 火曜日 15時01分 ]

事故があった交差点

 1日午後10時25分ごろ、飯田市上郷別府の国道153号、高屋信号交差点で、男子高校生(17)運転の原付バイクと25歳女性運転の軽自動車が衝突する事故があった。男子高校生は体を強く打ち、意識不明の状態で市内の病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。死因は多発性外傷という。

 現場は交通量の多い幹線道路の交差点。飯田署によると、男子高校生は城東方面に向けて右折進行中、女性は対向車線を座光寺方面に向けて直進走行中だった。当時信号機は両方青だったという。女性にけがはなかった。

 事故直後の現場を目撃した近くに住む80代の男性は「交差点から座光寺方面に10メートルほど引きずられたような跡があり、人が左前方が破損した車の下敷きになっていた。周りには他にもバイクが止まっており、複数人で走っていたのでは」と話していた。

 同署が詳しい事故原因を調べている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)