飯田市内1121世帯に避難勧告

その他

[ 2018年 7月 6日 金曜日 15時55分 ]

土砂が流れた大鹿村の国道152号

 本州付近に停滞する活発化した前線の影響で、飯田下伊那地域は6日も広い範囲で強い雨が降り続き、正午現在、飯田市内の1121世帯3343人に避難勧告が出されている。道路に土砂が流れるなどの被害が発生しているが、県南信州地域振興局によると、同現在までにけが人の報告はない。

 長野地方気象台によると、降り始めからの雨量は阿智村浪合が333・0ミリ、飯田市南信濃が302・5ミリなど。広い範囲で200ミリを超えており、同現在も飯田市全域、松川、高森、阿南町、天龍、喬木、豊丘、大鹿村に土砂災害警戒情報を出して土砂災害への厳重な注意を呼び掛けている。

 避難勧告が出ているのは飯田市上村・南信濃の183世帯392人、松尾清水の13世帯41人、同市内の他の土砂災害特別警戒区域に居住する925世帯2910人。松川、高森町、喬木、大鹿、天龍村全域に避難準備情報が出ている。

 振興局によると、同現在までに公民館や集会所など15カ所に避難所が設置され、少なくとも73人が避難した。

 天龍村平岡では、崩れた石積みが民家1棟の壁に当たり、破損する被害があった。

 大鹿村鹿塩で発生した土砂流出で全面通行止めになっている国道152号など、主要道では5路線で崩落や落石が発生。午前11時現在、雨量による事前規制も含めて15路線が全面通行止めになっている。

 中央自動車道は中津川―駒ケ根インター間の上下線が通行止め。JR飯田線も飯伊の区間では始発から運転を見合わせている。

 7日にかけても1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る恐れがあり、7日正午まで24時間の雨量は南部の多いところで250ミリとなる見込み。8日も大雨となる可能性があるという。

 気象台は土砂災害や河川の増水、氾濫、低地の浸水などに注意するよう呼び掛けている。

(写真は土砂流出した大鹿村の国道152号)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34