飯田市動物園でオウム病感染の疑い

その他

[ 2011年 11月 7日 月曜日 10時26分 ]

 飯田市は4日夕、緊急記者会見を開き、市立動物園で人獣共通感染症(グラジミア病)のオウム病に感染した疑いのある者が3人いることが判明したと発表した。動物園では、原因とみられる2羽のルリコンゴウインコの糞(ふん)と血液を獣医を通じて長野市の検査機関に送り、オウム病の保菌検査を実施する。検査の結果が出るまで45日間かかり、それまで展示は行わない。糞の除去作業の結果、感染の危険性がなく安全性が確認できるまで、当面の間、動物園を休園とした。

 最初に感染した疑いがあるのは、動物園の男性職員(28)。先月28日に39度の発熱をし、29、30日の精密検査でオウム病の疑いのある肺炎と診断されたことが31日に判明した。1日に本人から動物園の指定管理者である(株)環境文化教育機構に連絡があり、担当の市土木課に報告があった。この職員は2日には熱が下がり、回復している。

 その後、動物園の調査で職員以外に、先月26日から30日までの間に飼育体験のため来園した一般の2組7人のうち市内の女性(37)と中学2年の女子生徒が感染の疑いのあることが4日朝に判明したと動物園から報告があった。7人全員に連絡を取り確認した。

 この中学生は26、27、28の3日間、ビーバー池の水洗とビーバーがかじった木の廃棄作業を体験。先月31日から2日まで学校を休んだが、4日には登校した。母親は先月29日にルリコンゴウインコの餌を餌台に置く作業とビーバーの巣直しの手伝いを体験。2日の夕方から発熱(37・8度)し、3日も熱(37・3度)があったが、4日には平熱に戻った。2人とも手袋、帽子、マスクを着用し作業をしていた。

 動物園では4日、原因とみられるルリコンゴウインコ2羽を、ビーバー舎上部の飼育ケージから作業室に隔離するとともに、感染源である糞の除去作業を行い午後5時に終了。緊急会見を開き、当分の間、休園すると発表した。

 市土木課によると、1日から3日まで1060人の来園者があった。4日は休園日だった。来園者が感染した可能性もあるが、感染したかどうかは不明と説明。3日までに来園した人で発熱などの症状のある人はかかりつけの内科医に相談するよう呼びかけている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10