飯田広域消防 高校生対象に防災スクール

その他

[ 2015年 3月 17日 火曜日 16時38分 ]

 飯田広域消防本部は15日、地元の高校生を対象にした「防災スクール」を飯田市東栄町の飯田消防署で開校した。防災活動をサポートできる次世代の担い手を育成する狙い。風越、飯田、OIDE長姫、阿智、阿南の5校から男女12人が参加、知識と技術を身に付けた。

 開校は1日のみ。同本部の職員が講師役となり、生徒たちは応急担架を作ったほか、がれきの除去や救助、消火器の取り扱い、消火栓の放水などを体験した。

 仕切りのつい立にダンボール紙を活用した模擬避難所の体験では、3つのグループに分かれた生徒たちがわずかなスペースで横になったり紙食器を使って非常食を試食した。講師は高校生の果たす役割に期待し「避難所では皆さんの存在が力になる。身の回りにあるものを工夫し、避難所生活を前向きな方向にもっていけるよう心掛けて」と呼び掛けた。

 指令システムや消防訓練を見学し、午後は普通救命講習を受けた。スクールは午前8時半から午後4時まで行われ、最後は同本部から証明書が贈られた。参加したOIDE長姫高校2年の男子生徒(17)は「貴重な体験ができたと思う。災害が発生した時はここで教わったことを実践したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞