ヘリと連携し救助訓練 飯田広域消防本部

その他

[ 2014年 9月 18日 木曜日 13時28分 ]

 飯田広域消防本部と県消防防災航空隊は16日、山間地での救助を想定した訓練を飯田市上郷黒田の山田運動場周辺で行った。ヘリコプターと連携し、負傷者をいち早く救助する手順などを確認し合った。

 同本部では昨年118件の出動があり、うち8件でヘリと連携している。今年の出動は15日までに84あり、ヘリの出動は9件と、既に昨年1年間を上回っている。

 この日は山間地からの救助要請に対し、携帯電話の衛生利用測位システム(GPS)機能を利用して居場所を割り出す訓練に続いて、「松川入の林道で工事用の車両が転落し、2人がけがをした」と想定した訓練を展開。各消防署の38人と航空隊員7人が参加した。

 転落車両からけが人を救助し、着陸したヘリコプターに引き渡すまでを、6月に意見交換した内容を踏まえて行い、桂稔消防長は講評の中で「これからの季節はキノコ狩りや登山が盛んになるが、日の入りが早くなり、時間との戦いもあるはず。訓練を生かしてほしい」と述べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞