飯田広域消防本部が消防救急デジタル無線施設と指令施設整備の竣工式

その他

[ 2014年 3月 15日 土曜日 9時41分 ]

 飯田広域消防本部は14日、一昨年度から3カ年計画で進めてきた消防救急デジタル無線施設と指令施設整備の竣工式を同本部で開いた。GPSを使った災害(通報)場所の正確な把握や、災害弱者からのEメールによる受信が可能になるなど、さまざまな事態に対応できるシステムを導入した。総事業費は約9億5000万円。

 昨年12月1日から仮運用を開始した新たな指令施設は、指令台がこれまでの2席から4席に増加。大規模災害などで119番通報の混雑が見込まれる場合は最大6事案までの受付が可能になった。また家庭や携帯電話、IP電話からの通報は位置情報通知システムにより場所をピンポイントで特定でき、GPSで車両の動きを管理して現場の状況をデータや映像で本部へ送ることもできる。

 デジタル無線化は、現在ある基地局施設を活用してアナログと同程度の電波カバー率を確保。既存の3局に加え、新規に根羽や売木、大鹿村に基地局を設置してアナログ時の不感地帯の一部を解消した。残る不感地帯での通信確保には今回新たに導入した可搬型衛星宇宙局VSAT(ブイサット)を活用する。

 竣工式典には首長や施工業者など来賓も含め約70人が出席。牧野光朗南信州広域連合長は式辞で「リニア新幹線や三遠南信自動車道など地域が大きく変わろうとする中、災害は大規模かつ複雑化しており、防災への住民の期待は大きい」とした上で、「災害に強い地域づくりに励みたい」と述べた。山田耕三消防長も高齢化や都市化で消防を取り巻く環境は多様化していると指摘。「早い出動指令により的確な対応を行いたい」とした。

 式典後には新指令施設に場所を移し、119番通報模擬訓練を見学。同消防本部警防課は「新システムの導入で通報から出動までの時間が旧システムよりも20秒程度早くなった」などと説明した。Eメールによる通報「メール119」には、現在までに14人が登録しているという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞