飯田署が振り込め詐欺撲滅の街頭啓発

その他

[ 2012年 6月 16日 土曜日 8時47分 ]

 年金支給日の15日、飯田署は振り込め詐欺撲滅に向けた街頭啓発を各金融機関出入り口で行った。同署員をはじめ、防犯活動を展開する「南信州ホワイトエンジェルス」の隊員や金融機関職員らが参加して注意を呼び掛けた。

 同署などが年金支給日に合わせて定期的に行う啓発活動。この日は飯田市本町の飯田信用金庫本店と同市知久町の八十二銀行飯田支店の2カ所で実施。啓発用チラシと通帳入れ、ティッシュの啓発品150セットを手分けして配布しながら注意を促した。

 同署管内では、15日現在で被害の届出はないものの、同隊の隊長は「10年以上前から啓発しているが、いまだにだまされてしまう人がいる」と指摘。「大事な財産を盗られてしまう。やたらに信じてはだめ。よく気をつけてもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞