高森町が高齢ドライバー対象に講習会

その他

[ 2010年 11月 18日 木曜日 16時50分 ]

 高森町交通安全協会(園田茂義会長)は17日、65歳以上の高齢ドライバーを対象にした「シルバー交通安全講習会」を同町吉田の天
竜自動車学校で開いた。

 高齢者が当事者となる交通事故が増えているのを受けて、初の試み。車やバイクの免許を所持する町内の67~92歳の男女30人が参加した。

 同自動車学校職員や同安協らの指導で横断歩道の渡り方を再確認し、実際に車に乗って教習コースを走行しながら車間距離や後方感覚などを診断した。

 うち横断歩道では、時速50キロの車に見立てた光センサーを使って安全に渡るタイミングを体感。渡りきる前に衝突を知らせるブザーが鳴る参加者の姿もあり、講師を務めた飯伊交通安全協会の河合勇専務理事は「足元ばかり見ていては車の流れが分からない」と指摘した。

 河合専務理事は、安全に渡る方法として「車が近づいたら渡らない。横断歩道に入る前に、まず立ち止まって左右を確認するのが第一」といい、渡っているときは足元ばかり見ず、広い視野で車の流れを確認しながら歩くよう説明。夜光反射材の効果も強調し、夜間歩くときは必ず着用するよう呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞