高森町   県内初の共通投票所に、アピタで協定書交わす

その他

[ 2016年 6月 6日 月曜日 13時07分 ]

高森町とアピタが共通投票所の調印 7月10日の参院選から設置できるようになった「共通投票所」を高森町のアピタ高森店(山吹)に設置する協定書の調印式が3日、同店であった。熊谷元尋町長、町選管の原幸善委員長、同店の村沢明彦店長の3者が協定書を取り交わした。共通投票所の設置は県内初。

 調印式で熊谷町長は「買い物ついでに投票できることによって利便性が向上し、投票率の向上にも期待」と述べ、原委員長は「若年層の投票率向上につながる」として感謝の言葉。村沢店長は「地域コミュニティーの場としての役割を果たしたい」と話した。

 町選管によると、共通投票所はアピタ高森店の1階に設置する。7月10日の投票時間は午前9時~午後8時。課題の「二重投票」を防ぐため、町内の全投票所を専用回線で結ぶシステムを構築する。

 設置費は約180万円を見込み、国からは9割程度の補助が受けられる見通し。関連予算を盛った本年度一般会計補正予算案は7日開会の町議会6月定例会に提出する。

 投票所は、期日前は町民体育館とアピタ高森店の2カ所、当日は従来の8カ所に共通投票所が加わる。

 共通投票所は改正公選法で、従来の公民館や学校に加え、駅前やショッピングセンターに設置可能になった。町は昨年3月、国県町政の選挙で期日前投票所を同店に設ける協定を結び、翌月の統一地方選では期日前投票所を開設。投票当日の設置も検討していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞