1年の防災意気高め 根羽、平谷皮切りに出初め式

その他

[ 2018年 1月 5日 金曜日 16時20分 ]

根羽村消防団の市中パレード

 1年間の防災の意気を高める飯田下伊那各市町村の消防出初め式が、5日の根羽村消防団(鈴木伸弥団長、49人)と平谷村消防団(川上信彦団長、32人)を皮切りに始まった。

 このうち、根羽村消防団は、万場瀬地籍から式典会場の老人福祉センターしゃくなげまでの国道153号沿いをパレード。根羽小学校児童でつくる根羽村少年少女消防クラブも加わり、ラッパ吹奏とともに村中心部を堂々と行進した。

 式典で大久保憲一村長は「村民の尊い生命と財産を守るという使命のもと、地域防災の要、地域づくりの要として大きな期待を寄せている。より一層の精進を」と激励した。

 鈴木団長は「消防団に求められる役割は年々多様化し、重要性が増している。村民が安全で安心して暮らせるようより一層努力していきたい」とあいさつした。表彰や来賓祝辞を経て「火の用心」を三唱し、1年間の無火災、無災害を願った。

 飯伊の消防出初め式は6日に大鹿村で開催。飯田市は8日、松川町は14日、残り9町村は7日に開催する。

  

関連の注目記事

powered by weblio