10月10日に飯田線・門島―唐笠間が復旧

その他

[ 2013年 9月 30日 月曜日 9時18分 ]

 JR東海は27日、台風18号の影響で土砂崩落が発生し、16日から運休している泰阜村のJR飯田線の門島駅―唐笠駅間について、「10月10日の始発から運転を再開する」と発表した。当初は3カ月程度を要すると見込んでいたものの、橋梁を点検したところ、想定していた付け替えの必要性がなかった。平岡駅(天龍村)―天竜峡駅(飯田市)間のバス代行輸送は9日まで。

 崩落場所は中部電力米川発電所近くの胡桃橋梁や胡桃沢第二トンネルの区間。約500立法メートルの土砂が同発電所の施設の脇から線路上に流入し、同橋梁上部やトンネル内部を含めて、長さ40メートルにわたって堆積した。

 直径1メートルを超える巨石も複数落下していたため、同社は19日の時点で橋梁部の付け替えが必要と想定し、「運転再開までに3カ月程度を要する」との見通しを示していた。

 土砂の撤去を進め、詳細な調査をしたところ、鋼鉄製の同橋梁に大きな損傷はなく、付け替えずに使用できることが判明。現在進めている橋梁下部の土砂撤去などを完了した後、10月10日から全線の運転を再開するとした。

 同区間では17日からバスによる代替輸送をしており、平日は通学・通勤者らを中心に1日400―500人が利用している。

 飯田市役所で会見した同社工務部工事課長は「長期間の運休を覚悟したが、大幅な工期の短縮が可能になった。早期復旧に漕ぎ着けたい」と語った。

 “想定外”の工期短縮に天龍村の大平巖村長は安堵の表情。「村民にとって飯田線は命の道の一つ。通勤通学者も多いため、早期復旧に感謝したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞