11、12日 飯田で氷点下0.4度、山沿いで降雪も

その他

[ 2013年 4月 13日 土曜日 13時21分 ]

 上空に真冬並みの強い寒気が入った11、12日、飯田下伊那地域でも気温が低下し、飯田では12日朝の気温が氷点下0・4度まで下がった。11日には季節はずれの降雪もあり、山沿いでは積雪も確認された。

 寒気の影響で、飯伊では平地でも11日夕から夜にかけて、みぞれや雪が降った。

 山間地では積雪も見られ、平谷村でうっすら、阿智村浪合治部坂で1―2センチ、同村清内路で5センチほど降り積もった。

 飯田では昨年も4日に降雪が観測されているほか、記録上、4月中には平均で0・6日の降雪が観測されているため、この時期の雪は異例ではないという。

 旧飯田測候所による1950―2005年の観測記録によると、飯伊で最も遅く降雪が観測されたのは1977年の4月19日。

 長野地方気象台によると、飯田では12日午前5時43分に氷点下0・4度の最低気温を観測。13日まで寒気の影響を受けて気温が低下するとしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio