29日北部や竜東で降雹、摘果期のリンゴやナシに被害

その他

[ 2014年 5月 31日 土曜日 11時12分 ]

 松川町や竜東の一部地域で29日午後、降雹(こうひょう)があり、摘果作業中のリンゴやナシなどに被害が発生した。松川町では最大で100円玉ほどの大きな粒が降った地域もあった。被害額は30日午前現在、2億円に上る見通しとなっている。

 高気圧の影響で飯伊は朝から好天となったものの、午後に大気の状態が不安定になり、1時過ぎから一部の地域で雨雲が広がって雷が鳴り雹が降る地域があった。

 JAみなみ信州や各町村の役場などによると、雨雲は西南に移動したため、午後1時過ぎから3時ごろにかけて、松川町や高森町、豊丘村、喬木村、飯田市上久堅、同市南信濃などで降雹が確認された。

 松川町では最大で100円玉ほどの大きさ、ほかの地域では米粒ほどだったという。

 リンゴやナシの果樹農園が広がる松川町上片桐地区では10分間ほど雹が降り続いた。

 成長中の果実に当たって傷が付く、打撲や擦れの被害が発生。すでに摘果を終え、残した中心果が被害を受ける農家もあった。

 2日前にナシとリンゴの摘果を終えたばかりという同地区の男性(74)は「上片桐でここまでの被害が出るのは6月9日に降った1981年以来。昨年の凍霜害を乗り越えて順調に生育していただけに、やりきれない」と肩を落とした。

 JAや市町村が被害状況を確認中。被害額は同現在までに、飯伊全域で2億円に迫る見通しになっている。

 JA営農部は、摘果前の園地に対して被害果を落とす摘果を指導。すでに終えている農家には、樹木の感染を防ぐ農薬の特別散布を求め、来週から始まるナシの技術講習会でも指導を徹底する。

 長野地方気象台によると、29日は飯田で29・0度、飯田市南信濃で29・7度と真夏日に迫る最高気温を観測した。

 上昇した地面の温度と、上空の冷たい空気との間に温度差が広がり、大気の状況が不安定になり、雷や降雹をもたらせた。

 大気が不安定な状況は31日まで続く見込みという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞