JAみなみ信州から職員派遣

その他

[ 2016年 5月 16日 月曜日 8時44分 ]

 JAみなみ信州は18日から21日まで、熊本地震の影響で人手が不足しているJA熊本経済連の園芸集送センター(熊本県宇城市)に選果場の職員2人を派遣する。12日に田内市人専務理事が「被災地に元気を」と2人を激励した。

 職員の派遣はJAグループが4月22日から始め、JAみなみ信州はまつかわ果実選果場の園原直樹さん(30)、いいだ果実選果場の松島寛樹さん(同)を送り出す。

 同じ期間には全国から50~60人、県内からは5人が支援隊として出向き、キュウリやメロン、ナスなどの荷受けと選果、箱詰めなど作業や農家の手伝いにあたる。

 先発隊として現地に出向いたJA長野中央会ボランティア事務局の職員によると、園芸センターでは通常80~90人が働いているが、約半分の職員が被災して出勤できずにいるという。

 被災した職員は徐々に仕事に復帰しているものの「選果場の機械はいまだにメロンとトマトしか稼働していない」(同事務局)で、支援隊による人海戦術が引き続き必要となっている。

 北方の本所に出向いた2人は「体力を生かして少しでも力になりたい」(園原さん)、「余震が続いている被災地に力添えをしたい」(松島さん)と決意を語った。

 田内専務理事は「効率的な支援とコミュニケーションに努め、精神的に疲れている人たちが元気になれるような対応を」とエールを送った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30