JA阿智が雪害農家に人的支援、倒壊ハウス解体撤去

その他

[ 2014年 3月 5日 水曜日 10時54分 ]

 阿智村のJAみなみ信州阿智支所(原豊支所長)は2日、2月中旬の大雪によりパイプハウスが倒壊した農家で、ハウスの解体作業を行った。同支所職員に村産業振興公社、農改普及センターの職員1人ずつが加わり、計13人が作業した。

 同支所は、今回の大雪により農業用パイプハウスの倒壊被害が多かったため、被災農家への人的支援を決定。この日は、伍和大鹿の男性(75)の野菜育苗パイプハウス(216平方メートル)で、破損したビニールやパイプを早朝から2時間余りかけて解体撤去して、再建に備えた。

 男性は「毎年この時期にキュウリ、トマト、メロンなどの育苗に取り掛かる矢先の雪害で困惑していたが、早急に再建して例年通りの育苗に取り組みたい」と職員らの支援に感謝していた。

 村内では他にも12件ほどの解体支援の要請が寄せられており、JAでは順次支援の手を差し伸べ、速やかな再建を目指すとしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞