日本キジ166羽を放鳥 飯伊連合猟友会が一斉に

その他

[ 2015年 10月 31日 土曜日 11時10分 ]

 飯伊連合猟友会(塩澤久一会長)は30日、鳥類の保護・増殖と狩猟鳥類の確保のため、日本キジ(90日令)166羽(昨年220羽)を放鳥した。11月15日に狩猟解禁となる。

 キジは、狩猟環境整備支援事業(県補助事業)により上田市のキジ養殖業者から飯田合同庁舎の駐車場に搬入、到着。引き取りにきた飯伊8ブロック責任者が、それぞれの割当羽数に分けられ箱に入ったキジをそれぞれの地域に持ち帰り、待ち受けた支部役員らと一斉に放鳥した。

 大鹿、喬木、豊丘の竜東ブロック喬木支部では、役員4人が同村小川上平のもろはら公園で8羽を放鳥した。狩猟の対象となるオス4羽には目印として足環が付けられている。体長は約70センチ、重量はオスが約1キロ、メスは約700グラムという。

 塩澤会長は「キジは人家近くに生息し、地面で生活したり営巣しているので、天敵のキツネやタヌキ、野良猫などにやられやすい。狩猟鳥類の保護と増殖のため放鳥したキジが無事に育つことを願っている」と語った。

 事務局(県下伊那地方事務所林務課内)によると、狩猟したオスの足環を事務局へ提出すると大日本猟友会から金バッジが記念品として贈られるが、昨年は2個にとどまった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04

モモさん題材のオペレッタも

2月12日水曜日15:54

無病息災願い事の神送る

2月11日火曜日13:28

初のチョウザメ料理コンに11品

2月11日火曜日13:18

代田氏大会の精選に言及

2月8日土曜日14:31

やりたいことの実現を

2月8日土曜日14:25

来年度事業に住民も意見

2月7日金曜日16:15








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞