“ちょっと昔の朝ごはん”再現、市が食育協力店募集へ

政治・行政

[ 2011年 1月 25日 火曜日 12時08分 ]

 飯田市はこのほど、千代山中で農業法人が経営する農村寄食舎「ごんべえ邑」で、昭和30年代の朝食を再現する「ちょっと昔の朝ごはん」と題したキャンペーンイベントを行った。食育推進活動の一環として、地元食材を使って食文化を発信する飲食店を募集するにあたり、第1弾として企画。食のボランティアに実際に食べてもらい感想を聞いた。

 募集する食育協力店の認定は、市の地域健康ケア計画の重点プロジェクト「食育の推進」を実施する活動のひとつ。地元農産物利用のPR、米を中心とした日本型食メニューの紹介、食文化の伝承の取り組み紹介、グリーンツーリズムへの対応(農業体験・料理体験)など、市内の飲食店にモデル店舗として協力してもらい、食育活動を推進する。

 その第1弾として、ごんべえ邑では、よこね田んぼのご飯や味噌汁をはじめ、ニジマスのどぶろく煮、粉豆腐の煮物、サトイモとコンニャクのクルミ味噌和え、しょうゆの実、漬物などを箱善方式で提供。農業法人の市瀬鎮夫代表は「5月でオープンして10年。年間1700~1800人のお客さんにいつも朝出しているメニューで、材料はこの辺で調達したものがほとんど」と説明した。

 食のボランティアを務めた同市食生活改善推進協議会の下平澄子会長(70)は「味噌汁は具がいっぱいでこれだけでも十分お菜になる。凍り豆腐の煮物もいつもつくっているだけにとてもおいしい。奥さん方が笑顔で若々しく仕事している姿に感動した。楽しみながら農業をし、農地も利用できれば励みになる」と感想を語った。

 市が募集している食育協力店は、使用している地元農産物が年間10品目以上を目安とし、朝食メニューを提供しているか今後予定している飲食店などを認定。毎月19日の「食育の日」を中心にキャンペーンイベントを実施する。第2弾は、2月19日に予定している。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞